コンセプト


ゲストハウス「HIPPO HOUSE 」とは

ゲストハウス」とはひとつの戸建物件やマンションを複数の入居者で利用する住居形態のことで「シェアードハウス」などとも呼ばれています。

リビングやキッチン、シャワーなどが共用になるので、通常の賃貸マンションやアパートよりも家賃が割安となり、すでに日本で暮らす外国人の間では「ガイジンハウス」の名で定着しています。

入居者同士の交流を生活しながら愉しむことができるため、そのアットホームな空間を求めて世界中から若者が集う今人気の住居スタイルです。

 

ヒッポハウスの魅力 – ホテルライクな暮らしが実現!充実の設備!

敷金・礼金・保証人不要で、女性専用・男性専用のフロアや男女兼用フロアなど、お好みにあわせて自由にお部屋を選択できるヒッポハウス。

そのもうひとつの特徴になんと全室をオリジナルの内装にしています。清潔な住居空間で新しいコミュニティを生み出す、ちょっと贅沢なデザイナーズゲストハウス「ヒッポハウス」。現在入居者募集中です。

 

みなのオアシスに~HIPPO HOUSEに込められた願い

ヒッポハウスの「ヒッポ(HIPPO)」とは、

Human
International
Peaceful
People’s
Oasis

を略したコトバで、そのハウスが世界中のひとたちが集まる幸せな空間になることを願って名づけられました。

また英語でHippopotamusとはカバのことですが、カバにもハトなどと同様「おとなしく、平和を愛する」というイメージがあることから、ロゴマークがデザインされました。

世界各国から入居者が集まるヒッポハウス。語学に磨きをかけたい方、世界を飛び回る国際人を目指している方のために、インターナショナルを肌で感じることができる環境が整っています。

 

カバを意味するHippopotamusから連想してイメージされたロゴマーク

終戦後間もなく「子供たちの夢と平和の象徴として」カバを社名に使った大手菓子メーカーもあるように、のんびりと生活するイメージのカバはヒッポハウスに相応しいキャラクターといえるでしょう。

HIPPO HOUSE